補償内容?掛け金?ペット保険を選ぶポイント

事前に補償内容はしっかり確認しておこう!

ペット保険には色々なプランがあり、それによって補償内容も変わってきます。いざという時に、しっかりした補償を受けるためにも、契約前には補償内容をちゃんと把握しておく事が重要なんです。
補償内容ですが、大きく分けて通院に掛かった費用を負担してくれる物、入院費用を補償してくれる物、手術費用を補償してくれる物などがあります。自分が入る保険が、どこまで補償してくれるのか確認しておかないと、いざという時に保険金を受け取れない事があるので注意してください。もしペットが高齢で入院が増えるようなら入院保険金が充実しているプランを、通院が増えそうなら通院保険金が充実したプランに入るなどの工夫が必要ですね。自分の目的にあった補償内容なのか、しっかり確認しておきましょう。

支払限度額によっても掛け金が変わってくる!

ペット保険に加入する時、気になるのが掛け金ですよね。掛け金というのは、プランによって大きく変わってくるので、補償内容と保険料のバランスを見極める事が大切です。
その時注目したいのが、支払限度額なんです。支払限度額というのは、1年でいくらまで補償してもらえるかという制限です。もし年間の支払限度額が60万円だった場合、それ以上治療費がかかっても保険金を受け取る事ができません。なら多くすれば良いのでは?と思いがちですが、そういうわけではありません。限度額を上げると保険料jも高くなってしまうので、必要最低限に留める方が保険料の節約に繋がります。これとは別に限度日数という物があり、限度額内でも限度日数を超えると補償してもらえなくなるので、こちらもしっかりチェックしておきましょう。